コラーゲンを知る

コラーゲン鍋は太るだけ?

ぷるぷる新感覚のコラーゲン鍋

「冬に嬉しいのお手軽料理。ウチでは定番です!」

コラーゲン鍋冬と言えば鍋。夏は厳しいですが、冬は美味しく手軽に大量のコラーゲンを摂取できる鍋メニューがありますよね。

それが近年定番になってきている「コラーゲン鍋」。

具材の旨味が凝縮されたシメの雑炊が絶品なんです!

かんたん、美味しい、美肌効果! なのに…?

たとえば私がよく買うのは、某メーカーの「コラーゲン鍋の素」。

ぷるぷるのゼリー状の鍋の素が溶けて、手軽にたっぷり(1パック6,000㎎も!)のコラーゲンが摂れます。

カンタン、美味しい、美肌効果、と家族にも大好評で文句なし!…だったんですが、管理栄養士のシホに言われてびっくり!

「吸収率が悪いし、太りますよ?」

コラーゲン鍋で使われている成分のほとんどは「鶏ガラ」や豚の骨が原料です。つまり「動物性」ということ。分子が大きくて吸収効率が悪いんです。動物性コラーゲンはいくら食べても、そのままでは体内に吸収されません。逆にカロリーが高くて太りやすいのが、管理栄養士の私には気になります。

「え!? コラーゲン鍋は効果ないの!?」

「ガーン!!! 美肌どころか太りまくり!?」

思わず何度も聞いてしまった…。

吸収率なんて言われるまで全然気づきませんでした。

完全な盲点。

どおりで6,000㎎配合でも、あんなに安いはずだわ。

たしかに動物性コラーゲンは吸収率が低い、って前にやりましたね。

臭いもきついって。→「効果で選ぶフィッシュコラーゲン

植物性コラーゲンはどうなの?

では、また別のジャンルとなる植物性コラーゲンはどうなのでしょう?植物性コラーゲンとは、大豆などの糖タンパク質にあたります。吸収にも優しそうなイメージがありますが、植物性はコラーゲンとは別物なので、気をつける必要があります。

”ツルぷに”はたっぷりカロリーのせいなのかも…

分子量に惑わされて気づきにくかったけど、カロリー(栄養価)も高めなんだ…。

翌日”ツルぷに”になったのは、コラーゲンのチカラというより栄養をたっぷり摂ったからなのかも。

これからはカロリーに気をつけて食べよう。

ということで、コラーゲンはやっぱり「サプリで摂るのが本道」みたいです。

動物性アニマルコラーゲンの特徴

  1. 動物性(陸に住んでいる動物=牛、豚、鶏由来のタンパク質)
  2. 鍋料理に使われる(吸収されにくい。効果がうすい)
  3. 臭いがきつめ(高濃度になると、独特のくさみが出る)
  4. 分子が大きい(分子が大きくて浸透しにくい)
  5. 吸収効率が悪い(熱に強いので40度ぐらいでようやく分解。吸収されにくい)
コラーゲン人気ランキング
人気記事ランキング
pagetop