コラーゲンを知る

コラーゲンの栄養を最大限に生かす方法と食べ方

栄養

美肌や関節のしなやかさを保ってくれるコラーゲン。女性にとっては積極的に摂りたい栄養素ですよね。でも、コラーゲンが多い食品をやみくもに摂っても、コラーゲンとしての効果が薄いことをご存知ですか?コラーゲンを上手に生かす方法と食べ方についてご紹介します。

コラーゲンを摂るとはどういうこと?

どんなふうに吸収される?

実は、コラーゲンはたんぱく質の一つで、コラーゲンを食べたからといって、そのまま吸収される訳ではありません。コラーゲンに限らず、たんぱく質は分子量が大きいので、食べた後にアミノ酸という小さな分子に分解されて体内に吸収されていきます。そして、小さく分解されたアミノ酸は、必要に応じて、コラーゲンに再合成され、肌や関節に届けられるのです。

つまり、コラーゲンをたくさん食べても、全てがコラーゲンになる訳ではなく、また、コラーゲンの多い鰻を食べても、コラーゲンをほとんど含まない鶏のささみを食べても、吸収される形はアミノ酸なので一緒なのです。

健康食品は?

では、コラーゲンとして売られているドリンクなど健康食品も無意味なの?と思ってしまいますよね。コラーゲンとして売られている健康食品などは、コラーゲンを多く含む食品から、コラーゲンの成分だけを取り出して、低分子化して売られているものがほとんどです。

つまり、コラーゲンとして吸収されやすいように、分子量を小さくして配合しているのですが、これらの健康食品も、全てがコラーゲンとして吸収されるわけではないのです。やはり、他のたんぱく質の食べ物と同様、体内に吸収される過程で、もっと小さなアミノ酸に分解されてしまうのです。

コラーゲンの栄養を最大限に生かす方法

では、コラーゲンの栄養を効果的に体内に取り込むためには、どのようにすればよいのでしょうか。

コラーゲンを多く含む食品や健康食品を摂る

先ほど、コラーゲンを摂っても吸収される形はアミノ酸なので、意味がないといいましたが、全く意味がないわけではありません。

コラーゲンの吸収には、実はさまざまな見解があります。コラーゲンそのものを摂っても全く意味がないという意見と、コラーゲンの多い食品や低分子化されたコラーゲンは、全てではありませんが、コラーゲンとしても吸収されるという意見です。
特に、コラーゲンが低分子化されている健康食品は、コラーゲンの形として吸収されやすいという意見があります。そのため、コラーゲンを積極的に摂りたい方にとっては、全く摂らないよりは、効果があるといってよいでしょう。

コラーゲンの合成に必要なビタミンCを一緒に摂る

効果UPにはビタミンC!

体内に吸収されたアミノ酸は、コラーゲンに再合成されるときにビタミンCを必要とします。そのため、コラーゲンを摂取するときは、ビタミンCを同時に摂取すると効果的です。

ただし、ビタミンCは熱に弱く、水にも溶け出しやすいので、食べ方に注意が必要です。ビタミンCを多く含む食品は、果物や野菜ですが、なるべく加熱時間や水にさらす時間は短く、食材のカットは大きくするとよいでしょう。

ストレスはダメ!

また、ストレスや喫煙、紫外線などは、ダメージを回復させるために多くのビタミンCを必要としてしまうので、なるべく避けて、コラーゲンの産生にビタミンCを回せるように残しておきましょう。

睡眠時間をしっかり確保する

コラーゲンを摂っていても、それを活躍させる時間が確保できなければ意味がありません。肌の回復が活発になるのは、夜間です。肌の回復に必要な成長ホルモンは、特に21時~朝9時までの間に活発になるので、21時頃には就寝すること、6時間以上はしっかり睡眠を摂ることが大切です。

また、睡眠だけでなく、生活習慣を整えることも大切です。生活や睡眠習慣は、ホルモンバランスを安定させ、ストレス緩和や疲労回復にもつながるので、結果的にコラーゲンを有効に活用できることになるといえるのです。

コラーゲンに偏らないことが大切

バランス良く栄養を摂る

コラーゲンは、美肌や関節のしなやかさを保つためには、必要な栄養素ですが、コラーゲンだけを摂っても意味がありません。人間の体の健康のためには、コラーゲンだけでなく、さまざまなたんぱく質や糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが必要です。

大切なことは、バランスよく全ての栄養素を摂ることで、コラーゲンの摂取は、その基盤の上にあるものなのです。

また、コラーゲンを生かすためには、生活習慣や睡眠習慣を整え、ストレス緩和もしっかりおこなっていくことが大切です。

コラーゲン人気ランキング
人気記事ランキング
pagetop