コラーゲンを知る

コラーゲンが見た目年齢を若くする

見た目年齢が若い人は、その後も長生きできる!?

医学的に見た目年齢と長生きは関係があると、追跡調査などによりわかっています。
見た目年齢が若いということは、美しく若々しい肌を持っているということ。それは全身のコラーゲンの状態が大きく関係します。
コラーゲンが全身の骨や筋肉、内臓など生命に直結する部分に豊富に存在していることが肌にコラーゲンが行き渡る条件です。 人間の身体は生きていくためにたんぱく質を必要とします。 コラーゲンもたんぱく質の一種であり、体内に摂り入れた時にはまずは生命を維持するために必要な場所へ行き渡ります。
肌がコラーゲンで満たされるには、それぞれの場所にコラーゲンが十分に確保できていることが大切です。

肌にコラーゲンが多く存在すれば……

皮膚の奥に存在する真皮層の部分に、コラーゲンは多く含まれます。この真皮層で新しいコラーゲンも生まれます。 肌の70%はコラーゲンで構成されているため、潤いや弾力のあるシワのない肌は、正常で新しいコラーゲンで満たされているのです。
逆に劣化した古いコラーゲンで満たされていると肌は水分を保持できなくなり、しなやかさや弾力を失います。 そして見た目年齢を上げてしまう肌のシワやたるみなどの老化現象を起こしてしまうのです。

若々しい肌のためにコラーゲンは欠かせない大切な成分

コラーゲンが不足することで、人の目に触れる皮膚にその結果が現れてしまえば、当然見た目の年齢を上げてしまいます……。
肌の状態が良ければ見た目の年齢も若く、肌以外に全身の若さも保たれているといえます。

特に顔を老けて見せてしまうほうれい線を予防、そして改善するためコラーゲン配合の化粧品などが販売されていますが、化粧品に含まれるコラーゲンの分子は大きく、肌の表面からコラーゲンを生成する真皮層まで到達することはありません。ですから高い保湿効果のあるコラーゲン配合の化粧品で肌の表皮に潤いを保ち、乾燥を防ぐ。そしてそれだけではなく、サプリメントや食品からしっかりと体内へコラーゲンを摂り入れることが必要です。

見た目年齢を若くするため効率的にコラーゲンを摂り入れる方法とは!?

加齢によってコラーゲン繊維が硬くなり、それによって肌にシミやシワ、たるみなどが出やすくなってしまいますので、コラーゲンを継続的に摂り、肌だけでなく身体全身のケアも行いましょう。
コラーゲンを体内に摂り入れる時は、コラーゲン自体吸収されにくいという性質を持っていることから、体内で生成できるよう促す必要があります。

そのために必要になる成分はたんぱく質とビタミンCです。 コラーゲンもたんぱく質の一種ですから、分解して再度合成するために元となるたんぱく質が必要です。 そしてビタミンCはコラーゲンが吸収されること、生成されるために必要不可欠な成分で不足すれば体内でコラーゲンは生成されません。 必ず一緒に摂るようにし、コラーゲンの効果を最大限に得るようにしましょう!

コラーゲン人気ランキング
人気記事ランキング
pagetop